腰痛改善のポイントは「筋肉に力を入れる」こと

おはようございます。
武蔵野市の出張鍼灸師・藤澤です。

今回は、腰痛改善のポイントをお話します。

この記事を読んでいるあなたは、

腰痛が改善された良い状態を、なるべく長く維持したい」

と考えておられるはず。

改善後にすぐ戻りたい、なんて人はおそらくいませんよね。

この記事はやや概念的な話になってしまいますが、役に立つ考え方だと思うので、ぜひ参考にして下さい。

腰が痛むのは「筋肉に力を入れた時」

ここで、「腰が痛む瞬間」を思い出してみて頂けますか?

十中八九、「筋肉に力を入れた時」だと思います。

「洗面台でかがんだ時に腰が痛む」

これも前に身体を折り曲げた時に、腰の筋肉に力が入ります。

「朝、布団から起きる時に腰が痛む」

もちろんこの時も、筋肉に力が入ります。

要するに、私達が行う日常動作は、筋肉に力が入っていなければできません。

そして筋肉に力が入った瞬間に、腰が痛みます。

つまり、腰痛が無い状態を維持するには、

筋肉に力が入っても痛くない

この条件を満たす必要があります。

ここまで伝わっているでしょうか?

「リラックスした施術」の落とし穴

ではここで、一般的な施術を考えてみます。

多くの場合、治療ベッドに横になって施術を行います。

そして、リラックスして力を抜きます。

「リラックスして下さいね」

と声をかけられるかもしれません。

リラクゼーション(慰安)としてはこれで正解でしょう。

ただ痛みを治療するとなると、これでは不十分です。

日常生活に戻り、筋肉に力を入れた時に腰痛が再発してしまう可能性が高いです。

治療としては「脆い」と言えます。

腰痛が出る瞬間を再現するために筋肉に力を入れる

腰痛をしっかり改善して、良い状態を維持するには、

  • 痛みが出る瞬間を再現する
  • 筋肉に力を入れながら施術を進める

この2つが大事です。

「筋肉に力を入れる」といっても、ずっと力を入れるわけじゃないですよ。

それでは筋トレになりますから(笑)

上記の2点をおさえて施術を進めることで、効率よく腰痛が治り、良い状態を維持できます。

こちらの記事も参考になるので、併せてご覧ください。

今回は、腰痛改善のポイントについてお話しました。

治療効果を考えると、「リラックス」が必ず正解とは限りません。

痛みが出る瞬間を再現して、施術を進めることが重要です。

施術を受けられる際は、そのあたりご理解いただき、ご協力をお願いできたらと思います。

ぜひ参考にして下さい。

関連記事

  1. ぎっくり腰の治療は「追いかけっこ」?

  2. ぎっくり腰になったら、まず冷やすべき

  3. 【やっぱり】内臓の疲れとぎっくり腰は関係がある

  4. こんなに多い!慢性腰痛の種類(動き・痛む部位)

  5. 腰痛に年齢は関係ない!でも「若さ」には…

  6. 「くるぶし」をほぐすと腰が楽になる

  7. 腰痛を我慢せず治療した方が良い理由

  8. 腰痛改善に「頭への鍼」が効果的

  9. 【正直】どうにもならないぎっくり腰は存在する

  10. ぎっくり腰の症状チェック

    【症状チェック】ぎっくり腰で痛む箇所と治療ポイント

  11. 腰痛を楽にする方法①「足首を緩める」

  12. ぎっくり腰の治療では横にならないほうが良い?