鍼が痛くない理由②形状と高い製造技術

おはようございます。

武蔵野市の出張鍼灸師・藤澤です。

いきなりですが、「好きなドラマ」ってありますか?

私は「下町ロケット」が好きです!

佃製作所という大田区の中小企業が、技術力を武器に大企業と戦う物語。

TBSとWOWOWでドラマ化されました。

何度も見ても面白い、心が動く作品です。

今日は、そんな「高い製造技術」も関係してくる話です。

少し前に、鍼が痛くない理由についてお話させて頂きました。

術者の「押し手」で切皮痛を抑える、という内容です。

今回は「鍼」そのものから、痛くない理由をお話しますね。

痛さを感じないような形状になっている

実際に鍼施術を受けて頂くと分かるのですが、鍼を身体に刺入しても、ほぼ感覚がありません。

術者が鍼管(鍼を包むプラスチック製の筒)を叩く「トントン」という感覚しか分からない場合がほとんどです。

もちろん例外はありますが、一般の人が思うような激痛はないと言えるでしょう。

秘密は、鍼先の形状です。

現在多く使用されているのは「改良松葉型」という形式で、要は鍼の先端が丸くなっています。

もちろん肉眼では確認できません。

丸いということは、痛くないんだろうなと容易に想像がつきますよね。

注射針とは目的が全く異なる

よく鍼灸の「鍼」と、注射の「針」を混同されます。

どちらも「はり」ですが、目的が全く異なります。

注射の目的は、血液を吸い出すこと。

だから針もぶっとく、中央が空洞になっています。

そりゃチクッとなりますし、苦手意識が芽生えるのも無理はありません。

個人差がありますから一概には言えませんが、注射針とは全く別物だと認識して頂きたいです。

でなければ、美容のために顔面に何十本も鍼を刺せませんよね。

精巧な鍼を生み出す高い製造技術

鍼の形状は進化を続けています。

昔の鍼に比べ、現在の鍼はより痛さを感じない形状になっています。

そんな精巧な鍼を生めるのは、高い製造技術があるからに他なりません。

専門学校の3年時の夏休み、鍼を製造する工場を見学したことがあります。

もちろん一人で行ったんじゃないですよ(笑)

有志何人かで、静岡県浜松市にある「セイリン」という会社の工場に行きました。

製造工程を一から見させて頂き、いかに精巧に造られているかが分かりました。

・いかに患者にとって心地よい鍼にするか
・術者にとって、いかに使いやすい鍼にするか

患者と施術者、それぞれの目線からより良い鍼を製造する。

技術者の「誇り」「プライド」を感じずにはいられません。

もう、私が言いたいことは分かるかもしれませんが…。

「下町ロケット」の世界そのものでした!

まさに、世界に通用する技術ですね。

セイリンさんでは、先述の「改良松葉型」から、さらに先端を丸くした「JSP」という形状を造りました。

これからも鍼の形状はどんどん進化して、より心地よい施術が実現可能になるでしょう。

今回は形状や製造技術から、鍼が痛くない理由をお話しました。

製造技術者の力にも支えられて、鍼治療は成り立っています。

こういった視点から、より多くの方に鍼灸施術への興味を持ってもらえたら嬉しいです!

余談ですが、社会科見学的な行事って面白いですね。

年齢を重ねた今だからこそ、色んな工場見学とか行ってみたくなります。

関連記事

  1. 鍼灸(はりきゅう)とは何?効果や施術の様子

  2. 鍼灸施術の効果は少し後に出てくるもの

  3. 鍼が痛くない理由①押し手で切皮痛を抑えるから

  4. 鍼灸施術を受けた後の理想的な過ごし方

  5. 鍼が効いている感覚とは?

  6. 【巨刺】痛む方の反対側を緩めるのも効果的という話(鍼灸の奥義…

  7. 鍼と「脳内麻薬」の話

  8. 【発赤】鍼を刺した時の「フレア現象」とは?

  9. 鍼灸ならではの施術方法を「味わってほしい」