定期施術の意味とは?

おはようございます。

武蔵野市の出張鍼灸師・藤澤です。

年末年始の予定は決まりましたか?

お正月ってどうしても体重が増えますよね。

「太らない方法」に興味のある方もいるのではないでしょうか。

ダイエットの方法として一つ効果的なのが、

「1日の食事回数を増やす代わりに、毎回の食事量を減らす」

というやり方です。

この方法で、血糖値の急激な上昇を抑えられます。

つまり太りにくくリバウンドしにくい、ということですね。

また「食べられない」というプレッシャーも減りますから、精神的がストレスが少なくて済みます。

1日の活動エネルギーによって、食べた分はすぐに消化されるので、効率よくダイエットが可能です。

これって、痛みの治療や疲れの回復と似ています。

定期的に身体のメンテナンスを行ったほうが良い

人によって考えは異なるかもしれませんが、

私は腰痛や肩こりなどの痛みは無いほうが幸せだと思っています。

あなたはどう考えますか?

私と同じように考える方には、定期的な施術をおすすめしています。

施術によって腰痛が改善した後も、定期的に身体のメンテナンスを行うことで、良い状態がキープされます。

様々な事情がない限り、定期的なメンテナンスにはメリットが多いといえるでしょう。

治療を分割するのとは違う

ただ定期的な施術といっても、痛みの治療を分割するのとは違います。

(それが必要なこともありますが)

イメージとしては、

痛みをしっかり改善する、を繰り返す

ということです。

消耗して疲れが溜まる…「それが人間だから」

施術を続けるというと、

「痛みが改善したのになぜ?」

と思われる方がいます。

理由は、人間は消耗して疲れが溜まる生き物だからです。

機械のように、一度直ったらずっと同じように動くわけではありません。

腰痛が一度治っても、また日々仕事や子育てをすれば、消耗して疲れが溜まるでしょう。

それで何もなければ良いですが、疲れが痛みに変わり、気持ちだって滅入るはず。

それが人間ってもんですよね。

だから、定期的な施術(メンテナンス)が効果的です。

施術を重ねたほうが治りが早い

痛みや疲れを回復するのも、人体の力(自然治癒力)です。

つまり痛みや疲れが大きいほど、身体の負担も大きくなります。

(改善まで時間がかかるということ)

定期的に施術を重ねることで、自然治癒力も少なくて済み、早期改善が期待できます。

最初のダイエットの話と似ているかもしれません。

回数を増やせれば、毎回の量は少なくて済むのです。

その方が身体の負担が少ないのは間違いないでしょう。

月に1回の施術で効果があります

では、どのくらいのペースで施術を続ければ良いのでしょうか。

先生によっては、

「週に1回は来て下さい」

と言う方もいます。

ただ私は、月に1回だけ施術を行えば十分効果があると考えています。

もちろん日常生活で気をつけて頂きたい点などありますが。

実際にこのペースの施術を続けて、

「腰痛が全く無くなった」

という方が多くいらっしゃいます。

月に1回、じっくり施術を行い身体をメンテナンスすることで、「腰痛0」は可能です。

ご自身の身体を労う時間を作りませんか?

今回は定期施術の意味について、私の考えを綴りました。

毎日頑張っているあなたの身体です。

労う時間をしっかり作りませんか?

方法はいくつもありますが、

「コリをほぐす・神経を緩める・血流を巡らせる」

これらも効果的ですし、身体が喜ぶでしょう。

参考にして頂けたら嬉しいです!

関連記事

  1. 【やっぱり】内臓の疲れとぎっくり腰は関係がある

  2. 腰痛に年齢は関係ない!でも「若さ」には…

  3. ぎっくり腰の症状チェック

    【症状チェック】ぎっくり腰で痛む箇所と治療ポイント

  4. 腰痛改善に「頭への鍼」が効果的

  5. こんなに多い!慢性腰痛の種類(動き・痛む部位)

  6. 腰痛改善のポイントは「筋肉に力を入れる」こと

  7. 「くるぶし」をほぐすと腰が楽になる

  8. ぎっくり腰の治療は「追いかけっこ」?

  9. 【正直】どうにもならないぎっくり腰は存在する

  10. 腰痛を我慢せず治療した方が良い理由

  11. 腰痛を楽にする方法①「足首を緩める」

  12. ぎっくり腰になったら、まず冷やすべき

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。